2018-09-24 ブログ

広報ブログ 地震から今まで①

おわったの一言と共に添付された写真 くだらない蟻との攻防が遠い昔のように思う広報です。
9月6日の午前3時過ぎ、北海道は一瞬で地震の被災地となりました。
弊社全スタッフは、自宅の物が倒れたり、途切れたライフラインでサバイバルを余儀なくされた者はおりましたが、ケガもなく無事です。

夜が明けると異様な世界が広がっていました。
真っ暗な信号機、コンビニやスーパーに群がる行列、揺れに耐えきれなかった家。
ああ、ここはもはや被災地というものなんだ。
熊本や東北と同じなんだ。
北海道って無縁だと思っていたけど、なっちゃった。
今日って仕事、あるのかなぁ・・・
辛うじて買えたポテトチップスと栄養ドリンクを片手に、頭の中は不安だらけの朝8時でした。

「おわった」
石崎からのラインはこの一言と共に、添付された写真には清田店の陳列していたガラスが粉々に割れた様子が送られてきました。
そう、清田。うちのお店がある平岡で液状化の影響はありませんでしたが、あの清田区です。
例の場所は歩けば20分くらいで着くでしょう。
お店で合流したのち、状況の確認をしましたが、
電気と水が止まった状態では、当たり前ながら営業なんてできず、こども眼鏡院のやぐらのガラスにも大きな亀裂が入ってしまいました。

翌日もライフラインが復旧せず、営業が再開できたのは8日になってからでした。


つづく。

楽しく便利にメガネライフ
トップへ
Copyright © SHIOJIRI PLUS Co.,Ltd. All Rights Reserved