2016-11-14 全店共通 お知らせ

あなたにとって最適なレンズを使えていますか?

 “あなたにとって最適なレンズを使えていますか?” ところで、
“あなたにとって最適なレンズを使えていますか?”


「見えているから、別に問題ないよ。」

とお答えになると思います。
しかし、初めのうちは見やすくて良かったけど、
使っているうちにこの様な不便が出てきたということありませんか?
・すぐ傷がつく
・眩しい
・目元のシワが気になる
・目が疲れる などなど・・・

特に目元のシワなんてメガネと関係ある?と思いでしょうが、
視力を合わせて見えるようになったメガネで鏡越しの自分の顔を見たら、
想像以上に年齢を重ねていてショックを受けることもあるんです。

残念ですが、一度作成したレンズにコーティングや色を重ね塗りすることはできません。
なので、新しいレンズにはこの様なオプションを検討してみてはいかがでしょうか?
今回はホームページには1行しか載っていない、コーティングを深く掘り下げていきます!!
オススメ4つをご紹介!

①防傷コート 
オススメシチュエーション「すぐ傷がつく」
当店で販売しているレンズには紫外線から眼を守るUVカット、表面をつるつるにして掃除しやすくした防汚コートが標準装備となりますが、その上にコートを足すことで擦り傷が入りにくく、目立ちにくくしたのがこの防傷コートです。
コート有り無しを比較した写真をご覧いただきますと、当店スタッフが同じ条件でヤスリ掛けした2つのレンズですが、無しは複数の傷で白く曇ったようになりましたが、有りは多少の傷は入りますが、透明感を保ったままになりました。
レンズの持ちも標準装備のものより倍近くは良くなりますので、どうしても乾いたままティッシュや服でメガネを拭いてしまいがちな方におススメです!!
※レンズ自体はプラスチックなので、金属やアスファルトなどの硬い物質にはさすがに勝てません。

②カラー染色
オススメシチュエーション「眩しい、目元のシワが気になる」
レンズにカラーを付けることによって、雰囲気を変えたり簡単にオシャレを楽しむことができます。
また、肌の透明感や若々しさの演出など目元を綺麗に見せてくれる美容効果も期待できます。
カラーは薄い色からサングラス向けの濃い色、染め方も下にいくと薄くなるグラデーションと全面同じ濃さのフルカラーまでやり方いろいろなので、アイシャドウ感覚やシワやくすみをカモフラージュさせるためにカラーを選ばれる方が多くいらっしゃいます。
もちろん濃度によっては眩しさよけの機能も発揮しますので、度付きサングラスでの作成も人気です。

③ブルーライトカットコート
オススメシチュエーション「目が疲れる」
パソコン・スマホ・ゲームなど現代人の眼の負担は益々大きくなっていきます。
ブルーライトカットは今や必須の機能と言えるでしょう。
眼精疲労の原因の一つ、青色LEDは薄型テレビや照明器具にも使われ、眼が疲れないはずがありません。
札幌のピンポイント情報だと、東豊線の新型車両も照明はLEDです。
札幌ドームに行くとき、ものすごく明るくて辛いんです。
このコーティングは、レンズ表面を青く反射させることで、LED特有の刺さるような眩しさを柔らかく見せて、眼の負担を軽減します。
※反射色は本当に青いので写真を撮ると目元はかなり青くなります。

④機能性カラー
オススメシチュエーション「眩しい、目元のシワが気になる、眼が疲れる」
通常カラーのレンズ着色カラーと異なる特殊染色技術により、眩しさの原因となる短波長(ブルーライト)を効率的にカットし、見やすさをアップします。
同時に明るさの差ができ、色の差を際立たせることでコントラストがアップし、物がくっきり見えるようになるのがこの機能性カラーです。
あくまで染色なので③ブルーライトカットの注意点である青い反射は発生しません!
特に白内障は初期の症状だけでなく、手術してからも眩しさに悩んでいる方、
日中だけでなく、車のライトが眩しくてたまらん!という方にも、色そのものはサングラスほど濃くないので、夜間の運転にもオススメです。

以上がメガネのシオジリの主力オプションです。
UBCなる特殊なものもありますが、そちらは追々紹介します。

最後になりますが、改めてお尋ねします。
“あなたにとって最適なレンズを使えていますか?”

楽しく便利にメガネライフ
トップへ
Copyright © SHIOJIRI PLUS Co.,Ltd. All Rights Reserved